HOME | アーティスト


AUN J クラシック・オーケストラ

1000年続く和の音を、1000年先まで伝えたい。」
をコンセプトに、2008年に和楽器のみで構成されたユニット。
リーダーの井上良平を中心に、和太鼓・三味線・箏・尺八・篠笛・鳴り物、それぞれの第一人者である邦楽家8人が集結。分かりやすく、誰もが楽しめるコンサート、楽曲を提供している。
MEMBER:井上良平(和太鼓・太棹三味線)、井上公平(笛・和太鼓・太棹三味線)、石垣征山(尺八)、山田路子(篠笛)、市川慎(箏)、山野安珠美(箏)、尾上秀樹(中棹三味線)、秀-HIDE-(鳴り物)


NADESHIKO J ENSEMBLE

大和なでしこの伝統を和楽器で伝える、東京藝術大学卒の尺八奏者「田辺しおり」、箏奏者「伊藤江里菜」、箏奏者「渡部祐子」で結成された 3人組女性ユニット。
箏と十七絃箏の折り重なる波のようによせてくる絃音に、エアリードならではの、柔らかでありながら力強さを兼ね備えた尺八との組み合わせで、凜とした姿を表現します。


SAKURA J SOUNDS

国内外の数々の舞台で活躍、ソロデビューもしている、優しい篠笛を奏でる「玉置ひかり」、箏・十七絃は、こちらも国内外で評価の高い実力派で、現在も共に東京藝大の助手を務める、「石本かおり」と「松井咲」という、東京藝大出身、3人編成の、実力とビジュアルを兼ね備えた若手女性和楽器ユニット。それぞれの専門でもある、古典音楽だけでなく、J-POP、ジャズまで、和楽器のよさを活かしつつも、この編成ならではの繊細さと、若さ溢れる演奏が特徴。ステージングも、明るく、かつ、しっとりと、多くのお客様を魅了します。


玉置ひかり

若手ガールズ和楽器ユニット SAKURA J SOUNDSより「玉置ひかり」初のソロアルバムを2019年4月にリリース。
11歳より望月美沙輔に師事。長唄三味線を杵屋三澄那に師事。社団法人 長唄協会会員。邦楽・麹町スクール 笛講師。
平成27年度 青山財団奨学生、平成28年度 浄観賞を受賞。東京藝術大学邦楽科卒。平成30年皇居内桃華楽堂に於いて、御前演奏の栄誉を賜る。在学中、浄観賞・安宅賞・アカンサス音楽賞を受賞。出演に武道館、国立劇場、飛鳥II、JAPAN EXPO海外公演、トラベリング・オーガスト2017、C2機関鎮守府新春New Year Speciallive2020など。